業務内容と自己PR内容を紹介

東証1部上場大企業での業務内容(開発部)

新製品の開発(新事業立ち上げの業務)

所属部署外でプロジェクトを組んで仕事をしていました。

優秀な人を部署関係なく集め、新規事業の立ち上げを目標としていました。

僕の場合は、若手にも大きな経験をさせていきたい、という会社の願望があったことから配属したらしいです。

・社内開発試作品のデータ(インピーダンスなどの電気特性)を取り、まとめる。
・論文やネット情報を確認。気になるものは実際に実験、確認する。
・客先に技術営業として訪問。
・製品を試作するための治具を設計。

など。

電気部品aの小サイズコストダウン品開発

客先から要求を受けてサイズを小さくしたもの。

性能確認したいからテスト品を支給してほしいとのことでした。

工程能力なんかも算出していました。

電気部品bの耐熱チューブコストダウン品開発

製造、価格、材料、搬送などの観点から採用出来るか検討してました。

プロジェクト業務と違い、「従来ある製品」を客先要望に合わせて改善していく、という開発業務でした。

こちらのパターンが開発業務としては大半かと思います。

東証1部上場大企業での業務内容(生産技術部)

部署ごとでなく生産技術部として他部署から依頼を受けて仕事するというスタイルでした。

また製品のものづくりには関わらず、他部署の設備を触らせていただくというかたちでした。

PLC(シーケンサ)のラダー回路の設計

一般職さんが「保全技能士」の資格で三菱電機製のもので勉強し、業務するようです。

総合職で使える人は多くないみたい(転職エージェントが言ってました。)なので使えると重宝されるかも。

また、そういうの関係なくPLC専門の部署がある会社もあるってきいたことあります。

まあ特殊能力的なところありますからね。

この会社では総合職も利用していました。

新規設備導入のための社内外調整

新設備を組み立てるというのは時間かかるし面倒なので外注でした。

要望だけ伝えて細かい所は任せるという感じで。

企業によっては、全部、もしくは細かい所は自社で開発したりしているみたいですね。

インフラ関係(空調や水道関係)の工事監督や打ち合わせなど

ゼネコンさんとかと似た感じの業務でした。

でもこの会社は適当で、大雑把に「古いダクトとかは取り外すとコストかかるので、とりあえずめくらにして」くらいの指示で業者に投げていました。

設計もほぼしません。

軽くフリーソフトでちょっと書くくらい。

大手企業がフリーソフトで情報漏洩とか大丈夫かと不安になったものです…。

設備の定期点検、突発故障点検

大卒総合職よりは一般職の人がメインで業務していました。

電気配線つなげたり、鉄板を溶接したりする感じでした。

一般的に設備保全業務と呼ばれています。

年商数兆円企業での業務内容(開発部)

自動車部品の開発

客先から送られた図面を確認し、

・実現可能か。外寸内寸の矛盾がないか。
・納期対応可能か工場に確認。
・郵送などの納期対応OKか各部署に確認。

…とまあ、社内調整業務でした。

一応理系枠での採用だったのですが、理系知識は全く使わず…。

誰でも仕事を行えるように、社内システムの構築が凄まじかったです。

なので特定派遣の方や高卒の方も同じ様に業務していました。

よく言う「会社の歯車」という言葉がぴったりな仕事内容でした。

1社目と違い、かなり地味な業務でした。

この企業の方が規模的にはかなり大きいので、そういう企業は無駄な仕事を省いて効率よくしないとやっていけないんでしょう。

僕が実際行っていた自己PRの内容

1社目(東証1部大企業)から2社目(年商数兆円企業)への転職の際、考えていた内容となります。

開発部署希望で試験を受けました。

 

主に以下の三つをベースにしてアピールしました。

・ものづくりに関する一連の流れを経験したことで全体の流れを理解して業務に取り組むことが出来ます。

生産技術や、開発業務の中での営業経験や、試作品の検査(品質保証的な仕事)の経験から、ものづくり一連の流れを把握することが出来ました、という風にアピールしました( 開発って他部門の面倒もみないといけない仕事なので)。

貴社に入社してもいろいろカバーしますよって話しました。

 

・顧客折衝の経験を活かし、社内外の折衝時に貢献出来ると考えます。

プロジェクトで客先と折衝を多く経験したり、電気部品bの開発で社内の人と連携して仕事してました。

だから貴社でも社内外でうまく調整しますと伝えました。

 

・疑問点に対する探究を欠かさず、業務に貢献出来ると考えます。

学術的に新規分野に関わることがあり、色々なアプローチで探求してました。

貴社でもやったことない仕事でも色々なアプローチで乗り越えます、と伝えました。

 

 

 

特別なことはしてきてないし、言ってないと思います。

ぜひ参考にしてみてください。