電験三種を取得したのになぜかマウントを取られた時の対処法4選

電験三種に合格した。

今俺が勤めている会社では久々の合格者だそうだ。

もう上司にはとにかくほめられた。

まさかの豪華焼肉食べ放題だった!!

日々期待されていることを実感し、充実した日々だ。

毎日仕事が楽しい。

合格前にはできなかった仕事にもどんどんチャレンジさせてもらっている。

そもそも資格がないと社内的にできない仕事もあったしな。

 

だが、たまに楽しくない時もある。

どんなときか。

それは、マウントだ。

「資格持ってるのにそんなこともわからないのー?」

「大丈夫かよ?電気主任技術者ー?」

いや、せっかく頑張って取得したのに何この扱い??

ムカつくー。

 

そんなあなたへ。

電験三種に限ったことではないかもしれませんがね。

誰もが経験したことあるかと思います。

今回その対処法について書いていきたいと思います。

ではまずは下記からご覧ください。

マウントに対して思うこと

鬱陶しいですね。

 

まずマウントをとってくる相手の心境について考察してみましょう。

・電験というレベルの高い資格を保有していてズルい。

・なんとかアラを探して品位を下げてやりたい。電験を持っていない俺を正当化したい。

・手当もらっていてズルい。その分俺に何か恩恵を与えるべきだ。

 

こんなところでしょうか。

いやあ、全く意味がわかりません…。

別に他人がどうだろうと関係ないと思うのですが汗

いやあ民度が低いですわ。

 

いやそもそも一生懸命勉強して取得した人に対して、けなすような発言。

人間としてどうなのかな、と思ってしまうところです。

あなたなんの努力もしてないんだから報われないのは当然でしょうよ汗??

投資してないのにリターンがあるわけないでしょう??

 

これらに対して多くの人は、「お前は才能があるから合格できただけだ。ズルい。俺はその才能がなく可哀想な人間なんだ。」こんな感じです。

個人的には電験三種くらいなら才能とかよりも、努力のウェイトが大きいように感じますけどね…。

 

少し言葉がすぎましたね。

失礼いたしました。

それではこのような方々とうまく楽しくやっていくために。

対処法について考えてみます。

それでは下記からご覧ください。

すみません 勉強しておきますね

まあこれが一番簡単かもしれません。

当たり障りないですし。

反抗しても何もいいことないですから。

なんでこっちが気を使わなければいけないのか…。

 

一応僕、これについては試したことがあります。

結果、相手は黙りました。

 

まあそれ以上言えることないですよね。

本当に何もわからないようなら、そもそも資格に合格できないわけで。

資格に合格するほどの知識を有していて、さらに勉強する。

もう相手はぐうの音もでないわけですよ。

だって相手は資格の内容がどういうものかわかっていないわけですし。

もしあなたが勉強してきても、相手はそれを確認したり判断したりする術がないわけです。

まあ何も勉強してない人が(なんの努力もしてない人という意味で、現場の知識がすごかったり、時間がなくやむおえず取得をあきらめている方、優秀でたくさんの資格を保有していて電験だけ持っていない方、などを除く)しっかり勉強している人に「さらに勉強しておきます」と言われて、いいかえすことなんてできませんよね?

 

圧倒的勝利、そんな感情がわきますね。

ただ相手にしていないのでどうでもいいですがw

 

では次、逆質問パターン。

下記ご覧ください。

実務試験ないんですが?

「ペーパー試験だけで免状はもらえるんですよ? そんなことも知らないんですか?」

逆にマウントをとってしまうわけです。

 

でもこちら(電験保有者)としては当然の返答ではあるかと思います。

実技試験、ないですからね汗

電験の試験ではペーパー試験で合格点以上の点を取ること。

求められているのはそれだけです。

 

逆に実技が素晴らしく現場で働いていて会社にとても貢献している。

そんなのは合格には何も関係ありません。

大学受験の一般試験と、学校推薦受験と同じような関係かもしれませんね。

 

電験三種、改めて思いますが本当に難しい資格です。

ですので僕もそうですが多くの人が様々な物を犠牲にしてなんとかつかみ取るわけで。

他のことをしている余裕がないし、なるべくしたくないわけです。

なので他の部分で成長するのはかなり難しいわけですよ。

試験合格まではなるべく無駄なもの、ことを削ぎ落として生活したいわけです。

 

そんな努力の人に対して他のことでマウントを取るのは本当に卑劣な行為と僕は思います。

そして卑劣な行為をとった側も、今後もし電験受験を目指して勉強した場合すごくみじめな感情におちいるかと思います。

「なんで俺はあんなひどいことを言ってしまったんだろう。」

それを考えるとそういう事態にならないように、電験が必要な職場ではなるべくみんなで電験の内容をある程度認知しておいていただきたいものですね。

思いやりの心を持ちましょう。

 

それでは次に最高にへりくだる対処法になります。

それでは下記ご覧ください。

正直あんまり電気得意ではないんですよね

「情報関係の講義ばかり履修していたので電気工学の専門性が乏しくて。」

「実は電気科卒ではなく、電子科卒でして。半導体の設計知識なんかには詳しいのですが汗。」

 

これ、誰も傷つけないですね。

電気系の学校に通ってなかった方では若干わからないかもしれませんが汗

とはいえ少し話をきけば誰でもわかるかと思いますので、我ながらいい内容かと。

でもこういう方、実際本当によくいますけどね。

 

大学によっても異なりますが、一般的な「電気科」という学科に入学しても電気、電子、情報の3つの講義にばらけるわけです。

その時点で確率は三分の一となるわけです。

また、よっぽど意識高い系でないと電気を一本化して履修しないですよね汗

そもそも内容によってはしっかり電子も履修しないといけないわけですからね。

とはいえ電験認定科目を履修すればいいわけですが汗

 

僕なんて楽に単位をくれそうな講義ばかり受講しておりました。

いや本当に何してたんだか…。

まあ一応は大学で単位として認定している講義なわけなので、長期的にみればためになっているはずですが汗

 

大学生のときはどの講義がどのように役立つか、そんな意識で履修登録しませんからね。

大学生の時点では履修選択するのに、講義名と教授くらいでしかその内容は判断できませんから。

あと友達が履修するか否かくらいですかね?

意識低すぎてすみません汗

 

とはいえ、これもけっこうな問題ですね。

履修登録時期に講義内容の説明会くらい開いていただきたいものです。

まあ大学生当時の僕がその説明会に出席するかはちょっとわかりませんが…。

 

それでは最後になります。

すごくボジティブな対処法です。

下記ご覧ください。

詳しいですね 次回受験してみたらどうでしょうか?

これは最強です。

文字だけみたらただのいい人ですし。

まあ相手はイラッとするかもしれませんが汗

それでもこちら側の気分は晴れます。

この時、ドヤ顔はなるべく辞めましょう。

「俺受かったけど、どうせお前なんかじゃ1科目すら受からないだろ?ハハハハ!」

そんなことを考えてしまうかもですが、我慢ですよ!

 

これをいったらたいていの人は、どもるかとも思います。

なるべく早くその場から離れましょうw

 

いや、そもそも努力を重ねて頑張った人に対してマウントを取る方が悪いんですからね?

合格したあとの美味しい場面だけをみて皮肉るなんて最低ですので。

 

 

 

内容は以上となります。

マウントを取られた時の対処法4選でした。

電験三種を持っている方なら一度は経験したことあるでしょうが、この記事を見れば今後は対処できますね。

あなたの今後の技術者人生、応援しております。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカーで電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして他サイトにも記事を寄稿。