私大大学院進学希望の大学4年生向け 学生気分でなんとなく研究開発職希望とすると後悔する理由について

俺は私立大学電気科の4年生だ。

自慢ではないが成績は上位だ。

まあたいして高いレベルの大学ではないのだけど…汗

とはいえ研究室では期待されている。

まあ友達いないから、直接周囲からは言われたことないけど。

 

もちろん大学院に進学する予定だ。

まあ理系で成績いいのなら学部4年では卒業しないのは当然。

そして就職は大企業メーカーで研究開発をしたいと考えている。

 

なぜ研究開発かって?

みんなも目指してるし…。

ではなくて!

そんなの理系の花形の仕事だからに決まってる。

俺みたいに今までしっかり勉強してきた人間は「世間のために高い技術力のある環境で新しいものをつくる」、そう決まっているものなんだ!

とりあえず大学での研究を頑張るぞー!

 

 

そんなあなたへ。

あまりよくない傾向ですね。

まあ結構あるあるな話ではありますが。

 

ちょっとあまりいろいろとわかっていないようですね。

このままいくときっと後悔すると思いますよ?

 

実は僕も似たような学生でした。

技術の花形は大企業での研究開発であるものだとばっかりに。

そして深く考えず大学院に進学。

 

今考えれば様々な選択肢を視野に入れても良かったかと思いますね。

ということで今回あなたに対して助言したいと思います。

では下記からご覧ください。

高い技術力はメーカー研究所に集約されていると勘違いしている

まあ間違ってはいないと思いますがね。

正解ではないと思います。

それ、本当にごく一部だと思います。

 

大学教授の目的はいい研究成果を出すことです。

だがら学術的なことだけをやっていればいいわけです。

 

それに対してメーカーの目的って、つくった製品を売って利益を出すことなのです。

研究することは目的ではなく利益を出すための手段にすぎないのです。

なので必ずしも技術を、費用を研究所に集中させているとは限らないというわけです。

企業のホームページなんかでも特集組まれることもありますから、勘違いしてもおかしくないですけどね。

ホームページをみてすごく華やかで憧れたので、その研究を希望したら「あんなのいつ商品化されるかわからない(お荷物なんだよ、あれ。)よ」、そんなことを言われた経験がございますよ汗。

研究の仕事にお熱だった僕は衝撃をうけたのを記憶しております。

 

それでは次。

同じ研究でも学校ではなく、会社だよ?

そんなお話。

下記ご覧ください。

あらゆる面で結果と評価を勝ち取らなければならない

エンジニアではありますが、あなたはまずそれ以前にビジネスマンなのです。

 

大学生でしたら、面白い結果、自分が成長できる経験を得る。

それだけでもいいかもしれません。

 

ですがあなたはビジネスマンですのでいいデータを出すだけではダメです。

そのデータを出した自分の功績を、しっかりと理解してもらわなければなりません。

アピールせねばなりません。

 

それって大変なことです。

僕は苦手ですが、そういう人は理系では多いかと思います。

特に研究開発を志望するような人はです。

 

企業がなりたつには利益をあげる必要がありますね。

ですのでビジネスマンは利益を上げなくてはいけません。

ですので利益をあげられる人間であることを知ってもらわねばならないわけです。

学生気分でただ「新しいものを発見したい!」と純粋に考え、勉強しているだけではやっていけないかもしれませんね。

 

それでは次です。

単純に時間の面から考えて。

下記ご覧ください。

2年もしくは5年の若い時間を失う

これ、今考えると大きいんですよ。

大卒だと23歳、修士だと25歳、博士だと28歳に就職ですよね。

 

なるべく若い時期に就職した方がやり直しが効きやすいです。

当たり前の話ではありますが。

基本的には一度就職したらしばらくはその企業に勤めると思います。

でも短くとも数ヶ月は企業に在籍しないと、企業の良し悪しって判断できないものです。

そもそも数日では仕事も覚えられないですから。

そういうのもあるので個人的には半年は同じ企業に留まることをおすすめしますね。

でもそうするとすぐに30歳を迎えることになるのですが…。

 

何か人に教えをこうのもやはり、若い時の方がやりやすいというのは誰もが知る事実だとは思います。

それを考えると30歳はある程度の節目にはなってくると思います。

30歳にもなると、プライドが邪魔してアクティブにいけなくなる。

そんな方も多いはず。

ましてや同業他社ならまだいいですが、畑違いの仕事ならもう悲惨かと。

 

今考えればもし僕も大卒でキャリアをスタートさせていれば、もう一つの企業くらいは冒険しても良かったかと思います。

いや、むしろしたかった。

エンジニアの経験を活かして、キャリア系のコンサルや商社などなど。

別にエンジニアの経験を活かさない仕事だっていいでしょう。

僕という人間の能力を試したい気持ちもありましたので。

それでも時は残酷で30歳という節目を意識して、現在の状況となっています。

 

つまりいいたいこと。

それは学歴や研究に没頭する時間と交換に、他の可能性を潰してしまっているということ。

今でも正解だったかわからないですね。

いつかわかる日がくるのでしょうかね?

 

では次に研究開発以外のキャリアについて考えます。

下記ご覧ください。

電気科なら設備関係職の方がニーズがあり食いっぱぐれがない

やりたい仕事。

だから研究開発。

気持ちはわかりますが、社会人は収入をえねばなりません。

新卒での就職なんて所詮スタート地点ではありますが、されどスタート地点なのです。

 

食いっぱぐれという観点に関しては僕的には設備関係の仕事の方が上と思います。

メーカーで設備を使用してないとこなんてほとんどないですし、高圧の保安仕事なんかもできます。

設備は汎用性高いんですよ、本当。

 

また、設備って電気で動いています。

当たり前ですが。

そんなこともあって電気科を卒業しているととても重宝されるのです。

化学科や物理科卒だと、全然わからないでしょうからね。

電気回路についての勉強って他の学科ではあまりやらないでしょうから。

そんな素養のある人間がほしいのでしょう。

 

それに加えて、出世も研究開発なんかよりもしやすい印象をうけます。

結構有名な話です。

やはり会社としては利益をしっかり出してくれる人材の方が大切なんですよね。

 

まあ、僕的には悪いこと言わないから設備屋になることをすすめますね…。

あまり研究開発の仕事をするメリットが思い浮かばず。

ノーベル賞が取れそうな仕事に着手できるとかならいいですが。

お客様の要望に合わせて仕様を詰めていく。

そんな仕事が世の中多いと思います。

そんなに学生がイメージするほど華やかな世界ではありませんね。

 

それでは今一旦何をすればいいか。

下記ご覧ください。

電験三種は学生時代に意識しておくべき

いろいろな会社を、いろいろな仕事をみてみるのがいいかと思います。

いろいろいいましたが、まだまだ学生ですので可能性は無限大です。

 

大学院に進学して大企業で研究開発をする。

それもいいですが、決め打ちはせず視野を広くして自分の未来について考えましょう。

ちなみに僕は近場の会社の工場見学なんかはなるべくいくようにしてましたね。

交通費がかからないなら、なるべくいろんな会社をみた方が今後のプラスになると思っていたので。

 

 

 

内容は以上です。

いかがでしたか?

学生の時って、持っている情報が少ないのでどう人生を歩んでいけばいいかわからないものなのですよね…。

是非参考にしてください。

何かあれば質問にも答えますので。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして他サイトにも記事を寄稿。