国立大院卒電気科卒の大企業電機メーカー新卒入社1年目の方向け 毎日残業に追われてもう限界なら、1度楽な仕事へ転職することをおすすめする

俺はエリートだ。

別にひとに自慢するわけではないけど。

でも誰がどう考えてもエリートだ。

だって国立大学の大学院(修士)を出ている。

あまり大きな声では言えないけど、偏差値の低い人間とは話が合わない。

というか噛み合わない。

 

Fランの会話構成はめちゃくちゃ。

全く論理性がなく、動物と喋っているのと変わらないわ。

はっきり言ってそんな奴とは関わりたくない。

 

そして僕の就職先。

誰でも知っている大手電機メーカーだ。

結果としては当然だ。

バリバリ仕事するぜ!!…と思っていたのだけど汗

思っていたよりキツイ…。

毎日のように22時、23時まで残業残業の毎日だ汗

 

大学の研究室でも毎日夜遅く研究はしていた。

でも、やはり学生と会社は全然違う。

求められるクオリティはもちろん、プレッシャーだとか、スピードだとか、納期だとか。

全然ついていけないし、いつかついていけるよう様になる雰囲気も自分からは感じない。

これが一生続くのか…。

 

これ世の中の大人みんなやっているの??

本当は俺ってダメダメ人間なの?

これまではずっとエリート街道だったのに…。

もうどうすればいいかわかんないよ。

 

死にたいわ…。

というか別の課から自殺者出たんですけど…。

 

このまま仕事についていけなかったら俺もああなっちゃうのかー泣

死にたくない泣

もうどうしようもないよー。

うわーーーー。

 

 

そんなあなたへ。

わかります。

学生時代と会社でのギャップってえげつないですよね…。

学生時代に教えといてほしいものですよ。

とりあえずあなたの現状として仕事がいやでいやでしょうがない、ということですよね。

そちらの対応に関して考えていきたいと思います。

 

実は僕も新卒で大企業に入社して、仕事がいやでいやでしょうがなくてですね。

学生時代とのギャップもキツかったのです。

頭がどうにかなりそうでしたよ。

まあ僕の場合は全くもってエリートなんかではなかったですが。

 

ということで、ある程度近い状況ですのでいい助言ができるかと。

「そもそも大企業って何がいいの?」

その根本的なところから考えていきたいと思います。

下記からご覧ください。

大企業に新卒入社していいところは?

少し列挙します。

・レベルの高い人材と働くことができる(偏差値の高い大卒とか、いいキャリアを持ってるとか)

・レベルの高い仕事ができる

・スケールの大きい仕事ができる

・残業代がきっちりつく

・周囲に自慢できる

 

これらでしょうか?

とても魅力的ですね。

 

僕もこんな時代がありましたw

なんか心もときめいていましたね。

東証1部上場していましたので、適宜株価もチェックするわけです。

そしてヤフーファイナンスのコメントも読むわけです。

学生時代とは違って、社会が動く中でその一翼を担っているような気がして、優越感に浸れるわけです。

同業他社と比較などして、「このライバル会社はこんな動きをしているのか」なんて言ったりしてました。

あんまりよくわかってなかったですけど。

まあそんなにときめいていたのは本当に最初の頃だけでしたがw

というわけでいいところでした。

 

それでは話は序盤の内容に戻ります。

「求められるクオリティはもちろん、プレッシャーだとか、スピードだとか、納期だとか。

全然ついていけないし、いつかついていけるよう様になる雰囲気も自分からは感じない。

これが一生続くのか…。」

こんなことをあなたは思っているわけです。

 

 

改めて聞きます。

あなたは大企業にいつづけるべきでしょうか?

 

 

現状嫌なんですよね??

その答えに関して。

聞いておいてなんですが…。

その質問に対して回答する、それは困るものであると僕は思います。

 

わからないですよね。

新卒入社してすぐって、自分のことも周囲のこともまだよく見れてないから、何も判断つかないんですよね。

 

というかいろいろなこと、判断する上で判断材料が少なすぎるんですよ。

それはまあ若いからしょうがないわけですが。

この記事では一応回答を出しますのでご安心してくださいw

 

それでは回答を出すために、一旦発想をかえてみたいと思います。

下記ご覧ください。

大企業入社のメリットは本当に大企業に入社しなければ得られないものか?

ちょっと別の切り口かと思います。

意味がわからない方もいるかもしれません。

 

言葉そのままの意味ですが。

・他で代替できるのではないか

・そもそも大企業でなくても叶うのでないか

・別に得る必要がそもそもないのではないか

 

そんな辛い大企業に入社しなくても、大企業に入社するメリットと同等なものが得られれば別に入社しなくていいじゃん、という話です。

では上記にも挙げてましたが改めて記載します。

コメント付きです。

 

・レベルの高い人材と働くことができる→Twitter電験界隈の方がむしろレベル高い

・レベルの高い仕事ができる→Twitter電験界隈の話で技術ハイレベル業務体験可能

・スケールの大きい仕事ができる→大企業でなくてもできる

・残業代がきっちりつく→大企業でなくてもつく会社はあるし、そもそも世の大企業全てがきっちりつくわけでもない

・周囲に自慢できる→自慢する機会なんてそうそうないので我慢しちゃう

 

以上よりわかっていただけたでしょう。

Twitterをやり、そして優良中小企業を探せば、特段大企業に就職せねばならない理由はなくなります。

でもそんなこと誰もがわかっていると思うのですよ。

 

ただ世間の常識に縛られすぎているだけ。

ただあなたが生きていく中で、「こういう風にやっておけば大丈夫なはず」というものを作っておきたいだけ。

ただ自分に自信がないだけ。

それだけな気がしませんか?

 

常識に縛られすぎなのです。

国立大院卒電気科卒だから大企業電機メーカーに入らなければ異常。

ありえませんw

 

そもそも僕も院卒電気科卒ですが非鉄金属メーカーに入社してますし。

実はホワイト?現場社員が語る、大手非鉄金属メーカー開発職の仕事内容と実態

上記に寄稿してますので、もしよければご覧ください。

 

そもそもメーカーで電気を使ってない会社なんて、探す方が難しいですからね。

電気科の就職先って「普通こういう会社、業界にいく」って選択肢がないと思いますね。

実際僕も就職が決まった時、研究室の教授から「他のみんなにもそういう方向に目を向けてもらいたいものだよ。」と言われた経験があります。

電気科卒だから電機メーカー。

これは明らかに間違った考えと言えると思います。

 

ということでです。

じゃあどうすれば良いのかって話です。

下記ご覧ください。

あなたにとって楽な仕事をしてまずは時間をつくりましょう

楽をする。

これ、言っているのは一度あなたが一呼吸おける環境に身を置いた方がいいということです。

転職です。

次決まってなくても一度辞めちゃってもいいかもしれませんね。

 

正直今のあなたは、時間もメンタルも常識も。

全て何かに縛られすぎているのです。

その何かはなんなのかはわかりませんが、今までのあなたの生活から培われたなにかからきているのでしょう。

 

人生を変える、新たなことをする。

そういう時って、人間ある程度の余裕が必要なのですよ。

一例で言えば、僕も今このように記事を書いているのも時間があるからなのです。

大企業で余裕がない時にこんな記事を書くなんて到底できません。

 

現状は中小の施設管理の仕事をしており、時間もメンタルもとても余裕のある生活ができています。

毎日を自分で考えて自分で判断して生きていく人生はきっとあなたを豊かなひとへ変えてくれると思いますよ?

ちなみに今のあなたはお世辞にも豊かなひとではありませんので汗

 

内容以上となります。

それでは。

2 件のコメント

  • 素晴らしい記事です。
    こういう社会の実態を学べる場を学校に作りたいものです。

    適性が大事だったりもしますが、そのあたりのピント合わせは社会に期待はできないので個々人でやっていかないといけないですね。

    この記事に同意する人はめちゃくちゃいると思います。

    • いつもありがとうございます。
      そう言ってもらえると嬉しいです。
      このあたりをコンサルする講義とか大学で必要な気もしますがね…。

      大学は専門性と自由しか与えてくれません。
      大学と社会があまりにも解離してますね。
      正直専門性なんて参考書で学べるから、もうちょい単位数減らしてもいいのではないかというのが本音です。

      この記事が少しでも誰かのための参考になれば嬉しいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です