「自分ばかり怒られる」中小施設管理に勤めて3年で20代の方向け 電験三種を取得して自分の社内での立場を高めましょう

私立文系大学中退。

特にやりたい仕事もなかった。

何の仕事をしているのかはよくわからなかったけど、なんとなく入った。

働いて1年。

辞めた。

理由はなんとなくだ。

おもしろくなかったし、なんのスキルもつかなかった。

ちゃんとやらなきゃなー。

 

そして現在はハローワークで紹介された会社に在籍している。

ハローワークは母親に勧められて行ったんだ。

仕事内容は施設管理。

一応勤めて現在で3年。

3年といえば一般的にいえばかなり仕事に慣れてきてバリバリ活躍できるころだ。

でもあれ?

でも自分は最初と何もかわってないぞ…??

どういうことだ??

今でも昔とかわらず上司はよくわからないことに対して俺を怒ってくる。

別に俺が悪いわけでもないのに、なんでもかんでも俺にばかり怒鳴りちらしてくる。

 

俺はちゃんとやってるのに。

努力している。

サボっているひともいるけど、それを横目にしっかり仕事しているんだ。

点検項目はしっかり指差呼称してるし、空き時間は掃き掃除だってしてる。

それでも怒られる。

なんで俺だけ。

 

向いてないのかなー。

というか怒られるのもういやだー。

もう働きたくないー。

もう働かなくても食べていけないものか。

もう会社の全てが嫌。

もう社会全体全てが嫌。

もうなんか全部めんどくさい。

もう全て投げ出して逃げたいー。

 

そんなあなたへ。

それ、原因はすべてあなたにありますよ?

ちょっときついこと言いますが汗

まだ少し意味がわからないかもしれませんが、「会社を運営する上で必要とするものを握っていない」から不毛な扱いを受けるんですよ?

舐められてるんです。

どうせうちの会社にしがみつくしか生きる術はないのだろうと、どうせ辞める勇気もないのだろうと。

会社から、上司から見れば、あなたはいてもいなくてもかわらない、ただのそのへんの兄ちゃんなのです。

会社から見ればただの使い捨ての兵隊にすぎないのですよ。

 

早めに手を打たないとマズいですよ??

そんな状態で30代、40代にでももし突入したら…。

暗くつまらない、辛い人生が待っています。

 

ちょっと脅しすぎました。

すみません。

ですが言い過ぎではないです汗

20代でしたらまだ大丈夫ですよ!!

あなたの救いは施設管理という仕事内容。

ラッキーですね。

まだしっかり人生挽回できます。

なぜラッキーか、なぜ人生挽回できるかもこの記事では説明していきますので。

 

ではそれらを考える前にまず、そもそも施設管理の仕事とはどんな能力が求められるのか。

考えていきましょう。

下記ご覧ください。

施設管理の仕事で求められる基本的な能力とは

正直特別な能力は必要ないです。

主な仕事はパトロールと待機です。

それとたまに機械保全です。

元気に歩けて、みんなと仲良くできる。

このあたりが基本的に求められる能力かと思います。

 

そしてこの能力として存在している人間が9割程だと思います。

正確なデータをとったわけではないですが、ざっとな想像の数字です。

 

これより他に特異な能力をもったひとなんて…。

ごく少数かと思いますね。

 

ではあなたが怒られる理由。

下記ご覧ください。

あなたが一方的に怒られる理由

あなたが9割側の人間だからです。

 

説明します。

この9割側の人間の特徴について。

・なんの努力もしない。

・いくらでも代わりが効き、会社の利益に特段貢献してない。

・むしろ無駄に何年もいることで給料ベースが上がってしまい、雇っているだけで赤字。

 

「言い過ぎだ! あんまりじゃないか!?」

そんな声が聞こえてきそうですね。

でも僕は思います。

別に言い過ぎではないです。

会社ってそんなもんです。

むしろそうでないと会社経営なんて長く続きませんよ。

労働者のパフォーマンスに依存しすぎる企業なんて、社長もおちおち寝てられませんよw

 

では話をまとめます。

あなたが残りの1割の存在になってないから大事にされないのです。

あなたが会社を運営する上で必要とするものを握っていないから、立場が弱いから大事にされないのです。

 

では1割側の存在になるには、強い立場を得るにはどうすればいいか。

下記ご覧ください。

強い立場を手にいれる方法として、まず一般的な内容を考えてみる

いろいろありますね。

・自社株を持つ

・親戚が上層部にいる企業に就職してしまう

・常に高い利益を会社にもたらす人材として君臨する

・難しい資格取得をする

 

まず自社株。

ちょっと現実的ではないです。

それなりの費用がかかります。

 

次に親戚を頼りにする。

転職も面倒でしょうからなしですね。

そもそもいなかったらアウト。

 

高い利益をもたらす人材として君臨。

会社によってはありですが、施設管理という職業柄厳しいですよね。

営業さんとかではないですので、社員が利益を創出し辛いです。

 

難しい資格取得。

これはいけそうです!

でも目的は「あなたが会社を運営する上で必要とするものを握る」ですので忘れてはいけませんよ?

弁護士免許や医師免許とっても意味ないですからねw?

施設管理をする上で必要不可欠で難関資格を取得するのです。

詳細説明します。

下記ご覧ください。

電験三種を取得しましょう

電験三種という資格です。

施設管理をする上で1人以上、この資格の保有者をおかねばならないと法律で決まってます。

ですが電気主任技術者(電験保有者のこと。以下これで統一します。)は日本国内で慢性的に足りてません。

ましてや、そんな資格を取得できるレベルの人材はなかなか施設管理にはきません。

 

ということでです。

あなた(電気主任技術者)が存在しないと企業が運営できない、そんな状況を作ってしまえばいいのです。

ちなみにあなた以外に電気主任技術者が存在していても、すぐ転職してしまう可能性もありますし、少し働けばすぐそのような「あなたがいないと」という存在になるはずです。

 

電気主任技術者になることであなたは1割の存在になるのです。

電気主任技術者になるとことであなたが会社を運営する上で必要とするものを握り、強い立場となるのです。

ということで資格取得をおすすめします。

ちょっと難しいですけどね。

電験三種についてもっと知りたい方は、僕の別記事ご覧ください。

 

 

そう。

この電験三種の存在が「施設管理なら人生挽回できるかもしれない」といった理由となります。

学歴や今までの成果など関係なく、この資格を合格するだけで一気に優等生となれる魔法の資格なのです。

もちろんこの資格の受験条件は学歴はもちろん何も存在しません。

ほしいと思ったその瞬間からの努力でいくらでもなんとかなるのです。

 

では下記から取得したあとのことについて書いていきます。

ご覧ください。

高圧保安業務を着実に4年間積みましょう

電気主任技術者となる。

これで社内にてあなたは、9割側から抜け出せます。

 

ですがこの資格、実務経験を得ることで幅広い企業で評価されるものへとさらに進化していきます。

その実務経験、4年間積みましょう。

その実務期間で、電気主任技術者の花形企業である、電気保安協会の受験資格が得れます。

あくまでも目安ですが。

 

そうすると市場価値が高まります。

市場価値が高まれば、もちろん社内としてもさらにさらに「すごいやつ」としてみられるわけです。

発言力もどんどん増してくるわけです。

 

ではまとめます。

下記ご覧ください。

まとめ

以上よりわかっていただけたと思います。

まずは電気主任技術者となりましょう。

そうすれば会社はあなたの味方で、もう不毛な扱いを受けることはありません。

 

次に実務経験を積みましょう。

発言力を高めるもことでさらにどんどん仕事がやりやすくなりますよ。

万が一上司が無理難題を言ってきても、平気で拒否できますw

 

 

ということでぜひ電験三種の取得を目指してみてください。

内容以上です。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です