時間が取れない転職活動 効率良い応募書類テク教えます

新卒の会社で数年勤め、そろそろ転職してみたい。

1番の問題は時間。

残業、残業で日々時間がない。

 

特に書類。

新卒の時には、大量のエントリーシートにはかなり苦戦した。

みんなどうやってやりくりしているのだろうか?

実際世の中の転職している人はどうしているのだろうか??

そんなあなたへ。

 

僕は新卒の会社に4年勤めた後、キャリアアップ転職しました。

もちろん転職しているので、転職活動しました。

僕が実際に転職活動したときのことについて、内容をお伝えします。

転職活動時の書類について

初めての転職活動をしようとする方には違和感があるかと思います。

仕事をしながらそんなにたくさんの書類、書けませんよね?

はい。書けませんよ。書いてません。

 

 

たくさん書かないといけない、そう思う方は新卒の時のイメージがあるのかと思います。

 

新卒の時は企業から所定の用紙を渡されて、エントリーシートをそれぞれの会社向けに書きましたね。

 

その会社に対しての志望動機、その会社に対しての自己PR…。

それになぜその企業でないとダメなのか、等々。

 

その企業でないとだめな企業なんて世界にいくつあるんですかね笑

それ聞く前に、相手が困らないくらいの企業になれよと思いますが。

ばかばかしかったですね。

そしてそれを全て直筆で、黒のボールペンで。間違えた場合は最初から書き直し…。

でも、これらは新卒就活時代の話です。

 

転職活動での書類は特定の企業に提出しません。

そしてなぜその企業でないとダメなのか、そんな馬鹿なことも聞いてきません。

似たような企業があって、面接官が本当に気になったら聞いてくるかもしれませんがね。

それは「ここの製品の技術に興味がある」だとか言っておけばOKかと思います。

転職で提出する書類は職務経歴書と履歴書

職務経歴書は特定の企業向けにはつくりません。

ある程度の職種を決めてそれで汎用性高い自己PRを記載します。

 

これならそこまで大変とは感じないのではないですかね?

1度書けばおしまいですから。

しかもWordを利用します。履歴書もWordでOKです。

 

実際僕もそこまで苦労した記憶はないですね。

 

 

それでは、書類を作成した後は企業に書類を提出するかと思います。

その進め方について説明していきますね。

企業選定の基準について

世の中には沢山企業があります。

だからあなたが興味のある会社を探す必要があります。

 

いろいろ迷いますよね。

年収は? 勤務地は? 転勤は? 企業規模は?

 

僕の場合は以下のようなものを基準としました。

業界:メーカー

職種:製品開発

勤務地:関東

企業規模:大企業

 

 

けっこうシンプルと感じるかと思います。

ちなみに職種に関しては一応他の職種についても見ていました。

生産技術、品質保証、技術営業など。

 

興味ある技術などもありましたが、あまり絞らず、幅を広げて求人をみました。

なぜかというと、新卒就活と比較して転職ってかなり書類が通りづらい、と聞いていたからです。

 

では以上から、企業選定の基準は決まりました。

次は企業への応募となります。

どのように応募していったか。説明していきます。

とにかく応募しまくりました

普通に考えて、企業選定の基準があっても求人をみて

「この会社は良さそうだな。でもここはなんか気に入らないな」などあるかと思います。

 

 

僕の場合は細かい内容はみませんでした。

 

 

 

といいますか、むしろ求人のPDFを開かず応募したことも多数ありました。

かなり失礼ですが。

 

そして何社出したかと言うと…。

正直正確には覚えていませんが、100社くらいです。

 

 

ここまでで感じるかと思います。

「もっとしっかり求人をみて、受けたい会社だけ受ければ?そんな100社も受けるのは大変でしょう。」と。

 

普通そう思いますよね。

 

では、僕のこの行動の真意についてお伝えします。

「数打ち当たる」作戦です

一般的に転職で書類通過する確率は10~20%と言われています。

ということは、10社受ければ1~2社。20社受ければ2~4社。100社受ければ10~20社。

 

その後書類通過後、面接も控えているのです。

数はあった方が絶対いいです。

入社する気がなくても、面接練習として利用することも出来ますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして他サイトにも記事を寄稿。