Fラン理系製品開発経験3年の方へ 技術営業への転職を特にすすめます

Fラン理系大学を卒業。

その後大手メーカーに就職し、製品開発の部署で3年程度キャリアを積んだあなた向けです。

周囲の状況などみてそろそろ「転職」考えていませんか?

開発3年経験者でしたら技術営業への転職を特におすすめします。

 

 

まずあなたの悩みはこんな感じでしょうか?

3つあげます。

・この会社の経営は大丈夫か?倒産リスクは?将来が心配。

・この製品、あとどれくらい需要が続くか…。需要がなくなったら自分はなんの仕事をすればいいのか。

・自分はこの仕事に向いているのか。そもそも開発なんて大変そうな仕事でこれからやっていけるのだろうか。そもそも他の仕事にも少し興味がある。

 

 

悩みは尽きませんね。

でもその悩みはあなただけが持っているものではありません。

 

僕も新卒で東証1部上場大企業に就職し、製品開発の仕事をしていましたが僕もそうでした。

 

僕の経験を踏まえて少し助言させて頂きます。

今あなたに残された道は大きく分けて2つ。

「転職」か「会社に残る」です。

では下記にてそれぞれ説明していきます。

転職という選択

もしあなたの希望する仕事が社内で存在しなかったり、会社自体に倒産リスクなどの不安がある場合。

それはもう転職するしかありません。

では、そのことについて触れていきましょう。

特におすすめ「技術営業職」

最初でも触れましたが、技術営業という職種が特におすすめです。

余談ですが、アプリケーションエンジニアと呼んだりもします。

web業界っぽい名前ですが、違います。

 

実は僕も開発経験3年で転職を考えDODAに相談に行っています。

(ちなみに、1年目にはリクルートエージェントにも行きました。

そこで最初に提案されたのがこの技術営業だったのです。

紹介された理由としては、技術営業というのはある程度技開発職の経験がある人間が必要で需要がある、ということでした。

 

 

まあそれはそうですよね。

普通の文系営業ではないですから。

多少の技術的な経験はほしいところですよね。

では僕の業務経験を通して、開発職のどういう点が技術営業としてニーズがあるのか、説明してきます。

僕の業務内容について

僕が開発を担当して行ったのは「新規事業の立ち上げ業務」というものでした。

 

まず1番肝心なことがあります。

それはこの業務を事業として成り立たせることです。

そのためには安定した供給をしなければいけません。

そのために今後、近い将来に安定して自社製品を購入してくれる客先を作る必要があります。

ですが、事業化もされていないのにそこまで人員が配置されるはずがありません。

 

 

よって技術的な開発をするのはもちろんですが、それを客先にアピールする必要もあったわけです。

そもそもまだ世の中に普及しきった製品でなかったので、開発者でないとよくわかっていなかったのです。

まあ開発者もあまりわかっていなかったですが…。

 

 

担当ではない人間や、文系営業の方で説明出来ないから自分で行く必要があったわけです。

実際に自分で触ってみて現在どんな問題があって、どう改善していくかを社内でもみます。

社内として大きいのはコストと製造技術ですかね。

 

 

製品を客先が利用して何に困るだとか、どういうものを欲しがるかなどを知ることが仕事になってきます。

当たり前ですが、困っていることを解決してくれる製品を客先は欲しがってくれますので。

 

そしてそういうことを続けることで製品を気に入ると同時に会社を気に入ってくれるだろう、ということを考え足を運ぶわけです。

それらは将来の客先を作ることに繋がります。

このあたりがおおまかな仕事の流れでした。

 

ちなみに僕の様な新規事業の立ち上げ業務でなくても、開発業務では客先訪問は度々行うかと思いますよ。

 

 

 

ここで、開発業務をしたことで身に付いた、技術営業業務に役立つであろうと感じたことに関して2点説明していきます。

下記ご覧ください。

・技術的な知識やスキルが向上し、理系の専門用語を用いて説明する能力が身に付きました。

・知識のない人間にもわかりやすく論理的に伝える力が身に付きました。

 

 

以上から、開発業務をすることで技術営業としてニーズが出るということがわかるかと思います。

 

開発を3年経験して他の職種も、と考えているあなた。

その経験は上記の様にとても生きるのでぜひ技術営業、トライしてみてください。

 

 

では、転職は考えていない、という方に対しても助言していきますね。

会社に残るという選択

周囲が動き始めてもそれはそれです。

あなたはあなたです。

でもその中でも選択肢はあります。

説明していきます。

会社に残り現状維持

別に何もしません。

昨日と同じように働くだけです。

普通ですね。

せっかく3年勤めてやってきた仕事です。

それを4年、5年と同じように続けていきましょう。

慣れてきてもいるでしょうし、会社にも仕事にも愛着があると思います。

不安かとも思いますが、世の中大抵の人が色々考えた結果何もしないし何も行動しないんです。

それは決して異常なことではないです。

社内転職

異動を希望しましょう。

製品の需要がないことが悩みでしたら、需要のある製品を担当すれば問題解決ですよね。

それに別職種を希望してもいいです。

文系職にトライしてみたっていいです。

3年勤めた後の相談ですので、自分の上司や人事もそれなりに聞いてくれるかと思いますよ。

社内転職についてはこちらにも記載ありますので興味あればどうぞ。
新卒入社1年目だけど仕事が辛い そんな時の選択肢を教えます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして他サイトにも記事を寄稿。