中小企業入社のFラン理系 1年働いたけどやりたいことがわからないあなたへ

高校時代の偏差値は50以下。

とりあえず親に進められた実家近所の大学の理系学科に進学。

1年間働いて24歳。

とりあえず会社にも仕事にも慣れてきた。

でも漫然と思う。

今の仕事は自分のやりたいことなのか。

 

 

いやむしろやりたいかやりたくないか、それすらもわからない。

とりあえずで生きてきた人生。

このままでいいかも、よくないかもわからない。

そんなあなたへ。

 

 

僕が提言します。

このままではだめです!

このまま行ったらあなたは後悔するし、大変なことになる。

一旦このブログを読んで今後のことを一緒に考えてみましょう。

あなたという存在

あなたは今までとりあえずで、なんとなく生きてきましたよね?

なぜわかるのか?

実は僕も高校偏差値50程度のFラン大卒です。

これくらいの経歴の人って特別今までしっかり勉強してきたわけでなく人生踏み外さない程度に、周囲からやいのやいの言われない程度、それなりにやってきた、そんな人ですよね。

高校は近隣のそこそこの所。

まあそんなに選択肢もないのでそうなりますよね。

そしてそれに対して大きな疑問も不満もなく生きていく。

学校の先生もなにかアドバイスするにしても選択肢が限られているから助言も出来ない。

付き合う友人も似たような人生を送っている人。

頭いい人といると知識量が違うから話は合わないし、機転が違いますし。

憧れながらも相手は付き合ってくれませんよね。

その人達にはキラキラした輝かしい未来があって色々なことを知っているでしょうが、特別あなたに影響を与えるようなことはしません。

でもあなたは心のどこかで「いいな…」と思っているでしょうが…。

なんとなく大学進学したほういいとTVや親が言ってるし、まだ就職するのも面倒だから、一旦親が言った身の丈に合ったところへ行くでしょう。

そして、近隣の大学に求人が来ていた中小企業。

たいした能力もない。

特別したい仕事もない。

「まあ俺の人生こんなもんか。まあなんとかなるか。」
と入社を決めて定年まで…。

 

 

 

うーん。これらの話聞いてどう思いましたか?

なんかしょぼいなー、つまんない人生だなーと思いませんか?

一般的に見て、または僕の客観的な視点から見て、はっきり言ってあなたは世の中にいてもいなくても変わらないどうでもいい人間であると考えます。

言いすぎでしょうか??

 

 

学生時代や就職したてのころにはそう言われてもあなたは素直に肯定していたと思います。

でもどうでしょう?

現在のあなたはそう言われて気分が悪いと思います。

それはその辺の年齢になると言い訳出来ないからです。

学生の時はいつかがんばる、良くなっていくと思っていたかと思いますが、それは今ですので。

このまま今まで通りなんとなく過ごしていったらどうなるか。

説明していきます。

自分の人生に絶望します

絶望します。

学生なんて適当にやっておけばそれなりになって終わります。

 

 

ですが社会は、会社は違います。

1年働いて仕事に慣れても、立場が変わったり、違う仕事が発生したり。

仕事だって大きな機械のどこに使われているかもよくわからない、小さな部品を作ってたりする工場。

「これは世の中に必要な仕事なんだろうか?」そんなことを考えてしまう今日この頃。

でもとにかく身を削って、命を削って、やっていかなければなりません。

毎日毎日、上司、先輩、客に怒られないといけません。

だって社会人だから。

これが社会のレールだから。

自分は普通よりちょっとダメな村人Aだから。

もうなんとなく生きていくことは出来ないんです。

そうなったときあなたは絶望します。

俺の人生はなんだったのか。

そしてなんて時間を無駄にしていたんだ。

今考えればあの時がんばれば、あの時ああしていればもっと違う人生を歩めたかもしれない。

心の奥底で、実は自分は特別な才能を持った人間でそれなりになんとかなると思っていたのに…。

そう考えているうちにいつの間にか鬱病に…。

 

 

 

もうなんとかなんてなりません。

あなたはFラン卒の中小企業の村人Aなので。

 

 

…はい。すみません。嘘です。

これを観たあなたはまだ大丈夫です。

あなたは世の中多数の人にとっては村人Aですが、僕からみたらまだ勇者になるような無限の可能性を秘めていると思っています。

下で説明していきます。

転職して人生変えましょう

ではあなたはどうすればいいか?

簡単です。

あなたが世の中にとって必要で特別な存在になればいいんです。

村人Aでも簡単に世の中から憧れられる存在になれます。

どうやって?

簡単です。

有名大企業に転職しましょう。

大企業に転職で、あなたの悩みは解決します

やりたいことがわからないという悩みに対して

大企業は様々な仕事内容があります。

電機メーカーだってそれをするために素材の研究をしていたり、それを売るための営業戦略を考えていたりします。

 

だからとりあえず大企業に転職すれば何かしらの楽しい仕事にありつける可能性大です。

「馬鹿と〇〇こそ東大に行け」みたいな言葉があると思います。

Fラン村人Aこそ、とりあえず大企業に行きましょう。

自分の人生はしょぼい、つまらないという悩みに対して

人間は大半の時間、仕事をしています。

そして大企業では中小企業より、より多くの人、金が動きます。

ましてや今の時代、製品は海外までグローバルに関わることが多いです。

こんな仕事をしている人生がしょぼい、つまらないということはまずないでしょう。

学歴関係なし 理系は最強(機電系ならさらに)

転職することで悩みは解決出来るけど、そもそも転職出来ないとダメですよね。

偏差値50高校で自頭悪いし、Fランなのに大企業なんて無理と思うかもしれません。

 

でもあなたはしっかり周囲に流されて理系を選択しています。

ご存知かもしれませんが、文系の人って高学歴でも数100社受けても内定出ないって言いますよね。

 

理系はニーズがあるおかげなのか僕の周辺はみんな10社も受ければ決っていました。

もちろん僕も新卒、転職ともに10社より全然少ない数しか受けてませんが内定出てます。

 

僕の過去にキャリアアップに成功した実体験談をまとめた記事です。参考にどうぞ。

Fラン卒の僕がキャリアアップ転職した実体験談

 

あなたには大手転職エージェントがおすすめです。

その理由は、大手ですととにかく求人が豊富です。

もちろん大企業メーカーの求人も豊富、ということになるわけです。

そしてその中でも僕が実際に利用した転職エージェントを下記で紹介します。

転職エージェント会社の選定について

新卒入社1年目でリクルートエージェントを利用しました。

 

 

業界知識の長所を活かせばキャリアアップしやすい、と提案をしてもらいました。

企業選びや書類作成に慎重な印象を感じました。

 

それと同時に同業界の求人と求めている人材について指導を受けました。

自分が新たに志望したい業界や、職種などについてはあまりいい反応を示しませんでした。

ですが、進めた企業で確実に内定を取りたいという意識が強い方という印象を受けました。

 

また、「転職は早ければ早いだけいい」とも言われました。

時間を空けてまた他の方と面談しましたが、似た印象でした。

おそらく会社としてそのような方針なのでしょう。

短期決戦で転職を決めたい方におすすめです。

 

 

 

次にもう一つご紹介します。

実際僕が利用して内定を得たDODAです!

 

 多少のキャリアアップの要望でも、心良く求人を提示して頂きました。

また業界違い、業種違いでもウェルカムな対応でした。

結果としては数10倍の規模の会社で内定をゲットすることが出来ました。

 

書類も会社選びもじっくり丁寧に対応してくれた印象でした。

希望度の高い企業なら「志望動機書」と言う書類の提出を提案してくれました。

もちろん作成の指導もして頂きました。

じっくりとより良い企業を探したいという方におすすめです。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

紹介した転職エージェントを利用して、すぐに転職活動を始めましょう。

そして大企業に転職してやりたいことをみつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

私立大学大学院(博士前期課程)卒業後、大手メーカー2社で電気部品の開発業務に従事。現在はとある施設にて電気主任技術者として高圧電気保安業務を担当している。また、フリーライターとして他サイトにも記事を寄稿。